番組の感想

photo_william

2013年5月 放送 ゲスト:ウィリアム・リードさん

ウィリアム リードさんのスーパーマインドセット® に参加させていただきました。
ウィリアムさんは、収録前のあおいさんの、クリスタルボウルの演奏を、参加者と一緒に、床にゴロリと寝っころがって聴いておられました。とても温かいお人柄と開放的な雰囲気をかもし出しておられます。

ミズーリ州ご出身で、日本に41年住んでおられ、日本語が日本人よりお上手、合気道はなんと7段!の全方向に拓いておられる達人です。

英語と日本語を駆使して活動する起業家、文筆家、ゲリラ・マーケティングのマスタートレーナー、武術家、書道家、ナンバ式インストラクター、マンダラチャート学会理事などなど、数々のお顔を持っておられます。

そのお話の、なんと面白いこと!

ゲリラ・マーケティングの本を持っていたら、テロリストと間違えられて、税関で引っかかってしまったこと、おやじギャグ満載のパフォーマンス、あっという間の1時間でした。

大笑いしながら、聞かせていただいたお話で、とても印象に残るのは、
○過去は変えられる。トラウマ、思い込みをはずす。分かっているつもりの洗脳をとかす。
○若いうちは、ともかく関連のないものでも何でもやること。布石を置くように。
○常に鳥瞰図のように人生を見ること。
○囲碁のように、はじめは、バラバラでも、中盤になるとつながってくる。
○つながることを、信じてやり続けること。
○年をとるにつれて、若くなる。そのためには、食生活はとても大切。年とると、病気になるという思い込みをはずす。いつも夢を信じること。(もうすぐ60歳になられるとおっしゃるウィリアムさんは、本当に若々しく、40代にしか見えません)
○良い先生を見つけること。
○マインドセットと、それよりも大切な、マインドリセット。常にリセットできること。

「僕は碁はできないんだけどね…」と言われながら、「これいいでしょう?」と見せてくださったのは、大きな碁盤が染めてある風呂敷です。大切なものを入れて、いつも持ち歩いておられるそうです。
「碁のことを、いつもわすれなうようにね」
少年のようなチャーミングな笑顔のウィリアムさん。いっぺんにファンになりました。

6月7日の自宅でのコンサートにお誘いしたら、「オペラ大好きです!」と、御予定を変更して、いらしてくださることになりました。ヤッタ~!!!

勝さんが、事前に流してくださった、達人の気を思いっきり受け取らせていただいた、スーパーマインドセット、本当にありがとうございました!


cd_2013togakusi2

「時間に関するミニレクチャー~板垣輝彦先生編~」

ゲスト:板垣輝彦(いたがきてるひこ)

板垣先生の時間の概念を変える、というお話は、びっくり話やなるほど~と思う事がたくさんありました。

先ず、スピリチュアルカウンセラーは、時間を超越してヒーリングするならば、時間の概念、時間枠を変えていかないといけないという事。

先生は、地球の24時間という概念は地球だけ、宇宙は違う、もっと大きなスケールでみるように、せめて太陽系で考えるように・・・とおっしゃられました。

どういう事だろう?

今まで私は24時間の枠の中で行動していました。

先生は例え話として、名古屋から伊勢に車で40分で着いたお話(それも夕方18時)をされ、私も含め、会場がざわめきました。

40分ですか~?!

先生は「天が自分に望むならば伊勢に18時に着かせてください」と祈り、走り始める前に「着いた」時の大喜びを先に実感し、その後、名古屋を17時20分に出発し、夕方の渋滞の中、実際に18時に伊勢に到着して大喜びされました。

先生は地球時間で動いていない、まさに時間の概念、自由自在、枠にはめないという事なんですね。

そして、スタートは大喜びで始める、途中の不安は癒して癒して、大喜びのまま、ゴールする、始めから最後までずっと喜びっぱなし、それが虹の架け橋となり、実際に物事を成し遂げていけるのですね。

不安からスタートしたのでは、大喜びのゴールにつながる「虹の架け橋」は存在できないんですね^.^;

また、今まで、ステップ2やSPRで過去を書き換えていましたが、全身全霊、足の裏までの全細胞まで大喜びで感じて感じて味わい尽くして変えていたかな?と振り返りました。

もっともっと喜びを強める事ができるなと感じました(^^)

そして、今までも、痛み、辛さを癒して幸せに変えていったと感じていますが、これからは、さらにもっともっと喜びを味わって未来に向かおう!と決めました。

そうすることによって、さらに大喜びしている未来に繋がりやすくなる事もわかりました。

この収録は時間の概念を外す事によって大発展するエッセンス満載のお話でした!

板垣先生は本当に大きいです!
魅力いっぱいのお話をどうもありがとうございました。